更年期障害と聞くと、

女性特有の病気だと思っている方も多いと思います。

でも、更年期障害は女性だけの病気ではなく、

男性にも更年期障害はあるのです。

以前は男性更年期障害の認知度は低く、

男性には更年期障害はないとされていました。

でも、体の不調を訴える男性は多かったのです。




男性が更年期障害にかかりやすい年代は、

40代から少しずつ増えてきます。

この年代は会社では中間管理職となるため、

今まではストレスによる精神障害だと考えられていました。


でも、最近は専門に取り扱う病院が増え、

男性にも更年期障害があるというのが認知され始めました。

男性更年期障害の症状とは?

男性の更年期障害は次のようは症状が現れます。

  • EDを含む性機能障害
  • 夜が眠れないなどの睡眠障害
  • 常に不安感があったりイライラしたりする精神疾患
  • ホットフラッシュと呼ばれる突発的な発汗
  • ほてりやのぼせ、動悸
  • 肩こりなどの筋肉痛、関節痛
  • 頻尿やのどの渇き
  • 男性更年期障害にかかると、このような症状がでます。

    男性更年期障害にかかりやすい性格とは?

    男性の更年期障害にかかりやすい性格は、

    几帳面で真面目、責任感が強く負けず嫌いな人が

    かかりやすい傾向にあります。

    この性格の人は曲がった事が嫌いなので、

    ストレスがたまりやすく、

    真面目な性格も災いし、

    何にでも一生懸命に取り組み、

    手を抜かないのでストレスや疲れがたまりやすくなります。

    そのため、男性更年期障害にかかりやすくなるのです。

    男性の更年期障害はなぜ起こるのか?

    男性の更年期障害が起こる原因は、

    女性と同じくホルモンバランスの乱れから起こります。

    男性ホルモンのテストステロンが、

    減少することで起こります。

    この他にもストレスがたまることで起こります。

    男性更年期障害の治療法とは?

    男性の更年期障害の治療は、

    女性同様ホルモン補充療法や、

    カウンセリング、薬物治療、生活療法などがあります。

    男性の場合はストレスによるものが多いので、

    抗うつ剤を使った治療を行う場合もあります。

    終わりに

    男性の更年期障害はうつ病と似た症状がでるため、

    うつ病と間違われる事があります。

    でも、これは病院で男性ホルモンの値を検査すると、

    うつ病か更年期障害かが分かるようになります。


    男性の更年期障害ではイライラするため、

    奥さんなどのパートナーと喧嘩してしまうこともあります。


    これでは家庭内もギクシャクとしてしまいますので、

    こういう症状が現れた場合は、

    早めに病院を受診するようにしましょう。

    男性更年期障害は泌尿器科で受診できます。


    男性更年期障害はストレスでも引き起こされますので、

    ストレスのたまらないような生活をしましょう。

    ストレス発散にはスポーツが良いので、

    週に2、3度は運動するようにすると良いでしょう。

    スポンサードリンク