お正月は家族とおせち料理やお餅を食べ、

楽しく過ごした方も

多かったのではないでしょうか?


お正月が過ぎれば、

七草粥を食べる風習があります。


七草粥を食べる事は知っていますが、

実際にいつ食べるのかを

正確に知らない方もいらっしゃると思います。


そこで今日は七草粥を食べる日と

七草粥の意味や

七草粥の材料と簡単な作り方などを紹介します。

七草粥を食べる日はいつなの?

七草粥を食べる日は1月7日です。

七草粥は1月7日に食べるものとされています。


食事は1日3回食べますが、

それでは七草粥はどのタイミングで

食べれば良いのでしょうか?


七草粥を食べるタイミングは、

朝食に食べると良いとされています。

七草粥を1月7日の朝食に食べる意味は?

七草粥を1月7日の朝食に食べる意味は、

1月7日の朝食に食べると、

一年中病気にかからないと

言われているからです。


七草粥の由来に若菜摘みというものがあります。

寒い時期の若菜を食べると

邪気を払う事ができると考えられていました。


この考え方から七草粥を食べると、

病気にかからないとされているのです。


他にも1月7日は5節句の一つで、

人日(じんじつ)の節句の日です。

この日は七草粥を食べて祝う風習があります。


お正月はおせち料理やお餅、

お酒などを食べたり飲んだりしているので、

胃腸を酷使しています。


その弱った胃腸を休める意味でも

七草粥を食べるのです。

七草粥の材料は?

七草粥に使う材料は春の七草を使います。


春の七草はセリ、ナズナ、ゴギョウ、

ハコベラ、ホトケノザ(たびらこ)、

スズナ(かぶ)、スズシロ(大根)です。

七草粥の簡単な作り方

ここでは我が家で毎年作っている、

七草粥の簡単な作り方を紹介します。


うちでは炊いたご飯を土鍋に入れて

作って行きます。


今回は2人分の分量です。

  • 炊いたご飯 茶碗1杯(約150g)
  • 水 600ml
  • 七草 80g
  • ほんだし 小さじ1杯
  • 塩 少々


  • それでは作り方です。

    まずはスズナ(かぶ)やスズシロ(大根)を

    食べやすい大きさに切って

    1〜2分程度塩ゆでし取り出します。

    塩はひとつまみ程度入れます。


    そして他の材料はさっと塩ゆでして、

    細かく切っておきます。


    次に土鍋に水を入れます。

    そこにご飯を入れ強火で煮て行きます。

    焦げ付かないように時々混ぜて下さいね。


    煮立ってきたら弱火にします。

    次にほんだしを入れ、

    先ほど塩ゆでしておいた七草を入れます。


    七草を入れてから蓋をして

    5分程度煮ると七草粥の完成です。


    炊いたご飯を使って作るので、

    調理時間も短く

    簡単に美味しく作る事ができますよ。

    終わりに

    今日はお正月も過ぎたので、

    七草粥を食べる日などを紹介しました。


    七草粥を1月7日の朝食で食べると、

    一年中病気にかからないと言われています。


    それにお正月は朝からお酒を飲んだり、

    おせち料理をたらふく食べたりと、

    暴飲暴食して胃腸も弱っています。


    弱った胃腸をいたわるためにも

    七草粥を食べましょう。


    今年2018年の1月7日は、

    ちょうど日曜日なので、

    七草粥を家族揃って食べる事ができますね。

    スポンサードリンク