日本国民は何らかの保険に加入することが

義務づけられています。


一般的に会社で働いている、

サラリーマンでは社会保険。

フリーランスや自営業、農家などは国民健康保険。


サラリーマンが会社を辞める場合の選択肢は、

国民健康保険に加入するか、

もしくは社会保険の任意継続を使い、

社会保険を継続するかの2択になります。


そこで今日は社会保険の任意継続のやり方と、

社会保険の任意継続の

メリットデメリットを紹介します。

社会保険の任意継続のやり方

社会保険の任意継続のやり方は、

健康保険任意継続被保険者資格取得申出書に、

必要事項を記入し、

管轄の協会けんぽ支部へ提出する事で、

社会保険を任意継続する事ができます。

社会保険の任意継続の加入条件は?

社会保険を任意継続するには、

2つの条件が必要になります。

資格喪失日までに健康保険(社会保険)の被保険者期間が

継続して2ヶ月以上あること。


資格喪失日(退職の翌日)から20日以内に

健康保険任意継続被保険者資格取得申出書を提出すること。



まず最初は社会保険の加入期間が、

連続で2ヶ月以上あることが条件になります。


転職などを繰り返していても、

社会保険の加入期間が途切れていなければ、

その期間は合算されることになります。


そして2つ目は退職の翌日から20日以内に、

健康保険任意継続被保険者資格取得申出書を

提出しなければいけません。


社会保険を任意継続するためには、

この2つの条件を満たす必要があります。


提出期限は1日でも過ぎると

任意継続は出来ませんので、

任継続を希望する場合は、

早めに提出するようにしましょう。

社会保険の任意継続に加入出来る期間は?

社会保険の任意継続に加入出来る期間は2年間です。

この期間を過ぎると

社会保険の任意継続は終了しますので、

国民健康保険に加入するか、

家族の社会保険の扶養に入ることになります。

健康保険任意継続被保険者資格取得申出書の書き方は?

健康保険任意継続被保険者資格取得申出書には、

自分と扶養者がいれば、

自分と扶養者の情報を記入していきます。

自分だけの場合は自分だけの情報を記入していきます。


健康保険任意継続被保険者資格取得申出書には、

手書き用と入力用の2つがあります。


健康保険任意継続被保険者資格取得申出書は

下のリンクから手に入れる事ができますよ。

任意継続被保険者資格取得申出書


まず自分の必要な情報は、

以前使っていた社会保険の記号・番号です。

この記号番号は社会保険証の名前の上に書いてあります。


次にその社会保険を発行した都道府県を記入します。

そしてあなたの生年月日、氏名、性別、

住所、電話番号を記入し押印します。


そして今度は今まで働いていた会社の

名称、所在地、資格喪失日(退職日の翌日)、

保険料の納付方法を記入していきます。


次に扶養者がいれば扶養者の

氏名、生年月日などを入力していきます。


最近はマイナンバー制度がありますので、

マイナンバーの記入も忘れないようにしましょう。

印鑑も押し忘れがないように注意して下さいね。

健康保険任意継続被保険者資格取得申出書の提出方法は?

健康保険任意継続被保険者資格取得申出書の提出方法は、

管轄の協会けんぽへ郵送して下さい。


窓口でも受理してもらえますが、

行く手間などを考えると、

郵送の方が煩わしくないので良いと思います。


ただ、健康保険任意継続被保険者資格取得申出書は、

20日以内に提出しないと行けないので、

注意が必要です。

社会保険の任意継続のメリットは?

社会保険の任意継続のメリットは、

年1回の健康診断を割安で受けられることです。


通常健康診断を受けようと思うと、

18,000円程度かかりますが、

社会保険の任意継続に加入していると、

協会けんぽから補助がでますので、

自己負担は最大で7,038円で受ける事ができます。


この健康診断には40歳以上の方には、

胃カメラも入っていますので、

かなりお得に受けることが出来ます。




私も社会保険の任意継続に加入していた時は、

この制度を利用して健康診断を受けていました。


そしてもう一つのメリットは、

扶養者が多い場合や今までの給料が高かった場合は、

国民健康保険よりも安くつく可能性があります。


国民健康保険は加入する人数や収入によって、

保険料が変わりますので、

任意継続の方が安い場合があるのです。


ここらあたりは、

それぞれのケースで変わってきますので、

事前に調べる事をお勧めします。

社会保険の任意継続のデメリットは?

社会保険の任意継続の最大のデメリットは、

保険料を全て自分で負担することです。

通常、社会保険は被保険者(あなた)と

会社で保険料を折半しています。


社会保険の任意継続になると、

負担してくれる会社がないので、

全て自分で保険料を支払わなければいけません。


保険料には上限があり、

月額報酬が28万円を越える場合は、

月額報酬28万円の保険料で計算されます。


そしてもう一つのデメリットは、

任意継続したら原則2年間はやめられないという事です。


途中で家族の扶養や

国民健康保険には入れないという事です。

社会保険の任意継続を途中でやめるための条件は?

社会保険の任意継続を途中でやめるための条件は、

  • 再就職して社会保険の被保険者になった。
  • 保険料を期日までに払わなかった。
  • 後期高齢者医療制度の被保険者になった。
  • 死亡した。
  • この4つのいずれかに該当する場合にのみ、

    社会保険の任意継続をやめる事ができます。


    誰かの扶養に入るとか

    国民健康保険に加入するということは、

    任意継続をやめる条件にはなりませんので、

    注意が必要です。

    終わりに

    今日は社会保険の任意継続のやり方、

    任意継続のメリット、デメリットを紹介しました。


    任意継続するには条件があり、

    提出期限もあるので、

    任意継続をする場合は早めの対応が必要になります。


    でも、1度加入すると2年間はやめられないので、

    慎重に検討しなければいけません。


    社会保険の任意継続は、

    基本自分で手続きをすることになりますが、

    会社によってはやってくれる場合もあります。


    社会保険の任意継続を希望する方は、

    ダメもとで言ってみるのも良いかもしれませんね。

    スポンサードリンク