足が冷たいとか、

下半身が冷えると聞くと、

女性をイメージする方が多いと思います。


実際、男性よりも女性の方が、

足冷えや下半身冷えで悩んでいる方は多いのです。


でも、男性でも足冷えや下半身冷えで

悩んでいる方は実際にいます。


そこで今日は男性でも足冷えにかかるのか?

そしてかかりやすい人の5つの特徴について紹介します。

足冷えって男性でもかかるの?

足冷えや下半身冷えは

女性の病気というイメージがありますが、

実際は男性でも足冷えや下半身冷えにはかかるのです。


実は私がそうなのです。

40代の半ば頃から異変に気付きました。


あれ〜、最近足だけが異様に冷たいぞ!!

何か体がおかしいのかな!

と思ったのが始まりです。


それからは足冷えで悩まされる日々が続きました。

体の上半身は汗をかくほど暑いのに、

下半身だけは氷水に入っているように冷たいのです。


昔、なぞなぞで下は大火事、

上は洪水っていうのがありました。


足冷えをこれに例えると、

上は砂漠、下は北極って感じですかね。

何しろ上半身は暑いのに、

足だけは冷たいのです。


運動したりお風呂に入ったらましになりますが、

すぐに足だけ冷えて元に戻ってしまいます。


このように男性でも

足冷えに悩んでいる方はいるのです。


足が冷える原因は下のリンクから読む事ができます。

足が冷える原因はコレだった!足冷えの症状と対策・改善方法を紹介!

足冷えにかかりやすい人の5つの特徴とは?

それでは足冷えにかかりやすい人の特徴を見てみましょう。

1、運動不足

足が冷えるのは筋肉量の低下により起こります。


特にふくらはぎの筋肉はポンプの役目をはたし、

全身に血液を届けています。

このふくらはぎの筋肉が低下すると、

血流が悪くなり足だけが冷えるということになるのです。

2、1日の大半をデスクワークで過ごす人

1日の大半をデスクワークで過ごす方は、

特に注意が必要です。


椅子に長時間座っていると、

鼠蹊部の血管を圧迫し下半身の血流が悪くなります。


下半身の血流が悪くなると、

足先に暖かい血液が届きにくくなり、

結果的に足冷えを起こしてしまうのです。

3、40代後半以上の方

40代も後半になってくると、

だんだんと体の不調が起こってきます。

老眼が始まるのもこの頃です。


加齢により筋肉の低下が起こったり、

ホルモンバランスの乱れなどにより、

血流が悪くなり足冷えを起こしてしまいます。


そう言えば私が足冷えで悩まされたのも

ちょうどこの位です。

やはり年は取りたくないですね。

4、ストレスが多い人

仕事や人間関係でストレスが多い人は、

足冷えにかかりやすいと言えます。


足冷えは自律神経の乱れが原因で起こることもあります。

そのため常にストレスにさらされている人は、

足冷えにかかる可能性が高いと言う事になります。

5、食生活が偏っている人

ハンバーガーなどのジャンクフードを多く食べる方は、

メタボになりやすいだけではなく、

栄養素も偏り気味になってしまいます。


足冷えを起こす原因は食生活の乱れにもあります。

偏った食事を続けていると、

体の機能が悪くなります。


体の機能が悪くなると血流も悪くなり、

そして足が冷えるという事が起こってきます。

足冷えの対策方法とは?

足冷えは運動不足による血流の低下や、

自律神経の乱れなどが原因で起こります。


足冷えはこれらの原因を取り除くことで、

対策をすることが出来ます。


足冷えの対策方法は下のリンクから読む事が出来ます。

足冷えに効果的な3つの運動とは?誰にでも簡単に場所を選ばずできます!

足冷えの原因はふくらはぎのコリだった!?効果的なストレッチとは?

足冷え対策には食事が一番!冷えた足を体の中から温めよう!!

終わりに

私が足冷えに悩まされ始めたのは40代後半でした。

それまでは足冷えは感じた事はありませんでした。


それが40代後半になってくると、

突然足が冷え始めたのです。

最初は本当にどうして良いのか分からずに、

そのうち治るだろうと思って我慢していました。


それがいつまで経っても治らずに、

だんだんと症状も悪化し始めました。


これはマズい!

と思い、

自分で調べ色々と対策をすることにしました。

その結果、今では足はポカポカで、

足冷えに悩まされる日はかなり減りました。


ここで紹介した方法や、

足冷えグッズ、サプリを飲む事で改善出来ました。


足冷えは本当になった人じゃないと辛さは分かりません。

今の時期はまだましですが、

これが冬になるとマジでシャレにならない位辛いのです。


足冷えは本当に辛いので、

冬までには足冷えの対策をするようにしましょう。

スポンサードリンク