肩こりって程度の違いはあれ、

ほとんどの日本人が感じている事です。




中には肩こりなんてなった事ないよと言われる方もいます。

でも、実際に肩の筋肉の硬さを計った所、

凝っていたって事は良くある話しです。


肩こりを起こす一番の原因は、

パソコンやスマホなどを使う時の姿勢の悪さです。

特にスマホは下を向いた状態が長時間続いてしまいます。

気がついたら2〜3時間なんか軽く過ぎています。


この他にも運動不足が原因になっています。

パソコンやスマホを長時間同じ姿勢で使い、

そして運動もしないこれでは肩こりが起こるのは当たり前です。


今や国民病とも言われる肩こりですが、

実はストレッチをすることで、

肩こりを改善する事ができるのです。

そこで今日は肩こりに効果のあるストレッチを3つ紹介します。

肩を回すストレッチ

肩が凝る原因は長時間同じ姿勢でいることで、

肩の血流が悪くなる事です。

そこで、肩の筋肉を動かし血流を良くして、

肩こりを改善するのです。


肩を回すストレッチは上のイラストのように、

肩先に指を付けます。

そして肘を上にあげます。


肘を上にあげたらこのように肩を回します。

この時、肘で円を描くようにイメージします。


そして同じ方向に10回、

それが終ったら今度は反対方向へ10回。

これを1セットとして3回行います。


このセットを朝昼晩の1日3回行えば、

肩こりを改善する事が出来ます。

肩を上下させるストレッチ

先ほどは肩の筋肉を回しましたが、

今度は肩の筋肉を上下に揺らして、

肩の血流をよくするストレッチです。


上のイラストのように肩を上に引き上げます。

肩をすくめる感じで行って下さい。

そしてこの状態を10秒キープします。


今度は上のイラストのように肩の力を抜いて、

肩を下に下げます。

この時は肩の力は必ず抜くようにします。


そしてこの肩の上下を10回行います。

この10回をワンセットとして、

先ほどの肩回しと同様1日3回行うようにします。

肩甲骨を伸ばすストレッチ

肩が凝っている時に肩甲骨あたりを触ると、

痛いってことないですか?

実は肩が凝る原因の一つに肩甲骨のコリもあるのです。


実は肩が凝っているとセットのように、

肩甲骨あたりの筋肉も凝っています。

この肩甲骨まわりの筋肉をほぐす事で、

肩こりを改善する事ができます。


まずは上のイラストのように

足を肩幅よりも少し大きめに開きます。


そしてひざを曲げ腰を落として、

両手をひざにあてます。


そうしたら今度は上のイラストのように、

片方の肩を前に突き出します。

この時は肩甲骨を前に突き出すような感じで行います。


こうすると肩甲骨まわりの筋肉は伸びていきます。

そして痛気持ちいいくらいの状態まで伸ばします。

そうしたらこの状態を30秒キープします。


あまり強い力で行うと、

筋肉を痛めてしまう可能性がありますので注意して下さいね。


次は同じ要領で反対側も伸ばします。

これも片側3回ずつを1セットとして、

朝昼晩の1日3回行います。

終わりに

肩が凝る原因は長時間同じ姿勢でいる事と、

運動不足から肩の筋肉の血流が悪くなる事で起こります。


そのため、肩の筋肉を意識的に動かし、

肩の筋肉の血流を改善させ肩こりを解消します。


私は仕事柄毎日パソコンを使っています。

今までは肩こりに悩まされていましたが、

このストレッチを行う事で、

肩こりから解放されました。


今日紹介した肩こりに効果のあるストレッチは、

仕事や家事の合間にも簡単に行う事が出来ます。

ちょっと肩が凝っているなと感じたら、

今日紹介したストレッチを行い肩こりを解消して下さい。


なんでもそうですが続ける事で効果が現れます。

なので3日坊主で終るのではなく、

毎日続けるようにしましょう。

スポンサードリンク