先日、1週間程孫を預かっていました。

預かった初日は元気が良かったので、

公園に連れていって遊ばせました。


そして翌日孫の様子を見ていると、

朝から咳をして鼻水も少し出ていました。


もしかして風邪か?

と思ったので孫の体温を計ってみました。

その時は、36.6度でほぼ平熱でした。


嫁と連絡を取り、

この時は様子を見る事にしました。


子供の風邪の症状ってビックリしますよね。

孫だとなおさらです。


で、この後孫を病院に連れて行くのですが、

病院に連れて行くタイミングって、

なかなか難しいですよね。


そこで今日は私が子供たち3人と、

孫の子守りで経験した、

子供が熱を出した時に、

病院に連れていくタイミングを紹介します。

子供が38度以上熱を出したら病院に連れていく!

朝から咳がでて鼻水も少しでていた程度でしたが、

12時位に孫の熱を計ると、

38度に上がっていました。


孫の元気は良かったのですが、

大事をとって病院に連れて行くことにしました。

何かあったら大変ですしね。


やはり38度でると、

何かの原因がありますからね。

38度を目安に病院に行くと良いと思います。


元気にしていても、

夜に熱が高くなることもあります。

なので、病院のあいている昼間に行くようにしましょう。

熱性痙攣を起こす子供は早めの受診を!

幸い孫は熱が高くても、

熱性痙攣を起こす事はありませんでした。


でも、私の子供(孫の父親)は38度を越すと、

熱性痙攣を起こしていたのです。


1番最初に子供が熱性痙攣を起こしたときは、

ビックリして泣きながら病院に連れて行ったものです。


なので、熱性痙攣を起こしやすいお子さんは、

早めに病院を受診し、

高熱が出る前に対処するようにしましょう。

病院受診後の過ごし方は?

私が病院を受診させたあとに

やっている過ごし方は、

子供に寄り添い子供の様子を観察し、

水分をこま目に補給させる。


1時間おきに体温を計り、

体温を常に気にかけておくことです。


熱がある時に一番怖いのは、

脱水症状です。


脱水症状を防ぐためにも、

こまめな水分補給はかかせません。

私はお茶や白湯を与えています。


スポーツドリンクは薬の効きを悪くする事があるので、

私は与えていません。


お茶などを飲まないときは、

みかんなどの水分の多い果物を与えるのも良いですよ。


うちの孫はみかんが好きなので、

先日熱が出たときはみかんを

いつもより多く与えました。


1時間おきに体温を計るのは、

急激な体温上昇に備えるためです。


子供は熱性痙攣を起こしていましたからね。

なので体温上昇には気を使っています。


今の時期はインフルエンザの流行期なので、

インフルエンザの可能性もあります。


インフルエンザは熱の上がり始めは、

検査しても反応がでないため、

様子をみましょう!

と家に帰される事が多いのです。


ちなみにうちの孫もそうでした。

幸い孫はインフルエンザではありませんでした。


インフルエンザの場合は、

急激に体温が上昇しますので、

それに気がつくためにも、

1時間おきに体温を計っています。


そして子供の様子を観察し、

元気があるのかどうかをを観察しています。


子供は具合が悪くなると、

ぐったりしますからね。

子供と一緒に過ごし観察しています。

座薬を使うタイミングは?

今回孫は38.7度まで上がりました。

熱を下げる座薬は処方されていましたが、

今回は使っていません。


今回座薬を使わなかった理由は、

孫が元気が良かったのと、

39度を越えなかったからです。


元気がよければ熱があっても、

あまり問題はないと思います。


でも、39度を越えたら使うつもりでした。

やはり39度を越えると、

子供がキツいですからね。

座薬で熱を下げてあげる必要があると思います。


ただ、熱性痙攣を起こしやすい子供は、

早めに座薬で熱を下げてあげる必要があります。


うちの子供は38度を越えると、

熱性痙攣を起こしていたので、

38度近くになると座薬を使っていました。


これはその子供によって

使い分けると良いと思います。

子供の平熱を知っておく!

子供は体温が高い子もいれば、

低い子もいます。


平熱が37度台であれば、

38度でもいつもより少し高い位なので、

ビックリすることもありません。


子供の平熱を知っておくというのは、

大事なことなのです。


特に私みたいに孫を預かる場合は、

平熱を聞いておくようにしましょう。


そうすると37度台の熱で

ビビらなくても良くなりますよ。

終わりに

今日は先日、孫を預かっている時に、

熱を出したので、

その時に行った対処法を紹介しました。


やはり子供の急な発熱はビックリするものです。

特に孫の場合はビビってしまいます。


なので38度を越える場合は、

子供が元気でも病院を受診するようにしましょう。

子供は夜に熱が高くなる傾向があります。


夜熱が上がって慌てるよりも、

昼間に対処しておいた方が良いと思います。

夜になると病院も限られますしね。


それと子供の平熱を把握しておく事も重要です。

平熱を知っておくと、

慌てずに対応する事ができます。


そして熱があるときに1番重要なのが、

熱性痙攣の有無です。


熱性痙攣がある場合は

座薬を使うタイミングも違ってきますので、

これも確認しておくと良いと思います。


これから寒くなり、

風邪やインフルエンザも本格的に流行してきますので、

お子さんやお孫さんの様子には、

気をつけておいて下さいね。

スポンサードリンク