梅雨も明け、

これから暑い日が続くようになります。


暑い日が続くと、

体調管理が難しくなってきます。


特に暑い日は

クーラーを入れて過ごす事が多く、

外気との温度差が大きくなり、

体調を崩す原因となってしまいます。


そして、

今日はダルいな!

とか、

ちょっと食欲がないな!

などの症状が出てきます。

この症状の事を夏バテと言います。


夏バテをほったらかしにしていると、

重大な病気に繋がることもありますので、

早めの対策が必要になります。


そこで今日は夏バテの症状と原因、

そして効果的な夏バテの対策を紹介します。

夏バテの症状とは?

夏バテの主な症状は3つあります。

1、体がだるい。

2、食欲がない。

3、夜眠れない。

これらの症状のうち一つでも現れると、

夏バテかもしれません。

夏バテの原因とは?

夏バテになる最大の原因は

日本の気候にあります。


日本の夏は湿度が高く

じめっとしています。


そして気温も30度以上と

凄く暑くなります。


この高温で湿度が高い状態が続くと、

人間の体は体温を一定に保とうとして、

自律神経が活発に働きます。


この自律神経が活発に働く事で、

かえって自律神経が

疲れ乱れるようになります。


この自律神経の乱れが

夏バテの原因となるのです。


そしてもう一つの夏バテの原因は

クーラーの存在。


暑い夏はどうしても

クーラーをつけて生活します。


クーラーは涼しくて、

夏は手放せない存在ですが、

このクーラーが夏バテの原因になるのです。


それはどういう事かと言うと、

クーラーの効いた涼しい部屋と、

暑い外を行き来する間に

自律神経が乱れてしまいます。


暑い外にでると

体温を下げようと自律神経が働きます。


そして涼しい部屋に入ると、

今度は体温を下げすぎないように働きます。


これを繰り返す事で、

自律神経の働きが活発となり、

やがて疲れ

夏バテの原因の自律神経の乱れに

繋がって行くのです。

効果的な夏バテの対策はどうするの?

夏バテを防止するためには、

夏バテに効果のある

栄養素を含んだ食べ物を

とればいいのです。


夏バテに効果的な栄養素は、

ビタミンB1やビタミンA、C、

マグネシウムなどのミネラルです。


これらを豊富に含んだ

食事や飲み物をとれば、

夏バテを防止する事ができます。


夏バテに効果的な食事や飲み物は、

以前このブログでも紹介していますので、

下のリンクから読んでみて下さいね。

夏バテ対策の食事!夏バテに効果的な栄養素を含む食事は?

夏バテ対策にお勧めな飲み物はコレ!夏バテに効果的な理由は?

夏バテの予防には市販薬を使う!

夏バテの予防に手っ取り早いのは、

市販の薬を使うことだと思います。


夏バテの症状は体のダルさや、

食欲がなくなる事が大半ですから、

それらの症状に効く

市販薬を使えば良いのです。

リポビタンD。

これは薬ではなく医薬部外品ですが、

体のダルさには効くと思います。


私は体がダルいときや、

疲れたときは飲んでいます。

そして大正漢方胃腸薬です。


これは夏バテで胃腸の調子が悪い方や、

食欲がないという方に

おすすめな胃腸薬です。

終わりに

今日は夏バテの症状と原因、

そして対策方法を紹介しました。


夏バテは放置していると、

重大な病気に発展する可能性があります。

そのため、早めの対策が必要になります。


ちょっと最近調子悪いなと感じたら、

今日紹介した夏バテ対策の食事や、

飲み物、市販の薬を上手に使って、

早めに夏バテの対策をするようにしましょう。

スポンサードリンク