いつの頃からか

すっかり定着した節分の恵方巻き。


2019年の今年は、

どの方向を向いて食べるのでしょうか?


そして恵方巻きの方角は

誰がどのようにして決めているのでしょうか?

ちょっと気になったので

調べてみました。

2019年の恵方巻きを食べる方角は?

2019年今年の恵方巻きを食べる方角は、

東北東の方角になります。


今年は東北東の方角を向いて、

一言もしゃべらずに

恵方巻きを一気に食べましょう。

恵方とは?

恵方とは吉方の事で、

その歳の歳徳神(としとくじん)様が

いらっしゃる方角の事をいいます。

歳徳神様とは金運や

幸運を司る神様の事をいいます。

恵方の方角は誰が決めているの?

恵方の方角は誰かが決めると言うものではなく、

その年によってすでに決まっているのです。


誰かが決めるものだとばかり

思っていましたが、

すでに決まっていたんですね。

それでは恵方はどのようにして決まってるの?

それでは恵方はどのようにして

決まっているのでしょうか?


恵方は十干というものを

元に決められています。


十干とは中国から伝わったもので、

甲、乙、丙、丁、戊、己、

庚、辛、壬、癸を使って、

方角を現すものです。


そして十干には

干合という組み合わせがあり、

十干の陽と陰を対にします。


そして十干の陽の位置に

その年の歳徳神様がいらっしゃるのです。


そして十干にはそれぞれ数字が

割り振られています。


その数字は西暦の下一桁と対応しているので、

その年の西暦の下一桁を見れば、

その年の恵方が分かるようになります。


ちなみに十干に対応している数字は

以下のようになります。


甲に対応している数字は4で

方角は東北東になります。


己に対応している数字は9で

これも方角は東北東になります。


庚に対応している数字は0で

方角は西南西になります。


乙に対応している数字は5で

方角は西南西になります。


丙に対応している数字は6で

方角は南南東になります。


戊に対応している数字は8で

方角は南南東になります。


辛に対応している数字は1で

方角は南南東になります。


癸に対応している数字は3で

方角は南南東になります。


壬に対応している数字は2で

方角は北北西になります。


丁に対応している数字は7で

方角は北北西になります。


西暦の下一桁をこれに当てはめれば良いので、

今年2019年は下一桁は9なので、

己になり恵方は東北東になります。

恵方は4カ所しかない!?

先ほど十干に対応した数字と

方角を紹介しましたが、

何か気がつきませんでしたか?

それは方角が4カ所しかなかったことです。


恵方は東北東、西南西、南南東、

北北西の4カ所しかありません。


それでは何故恵方は4カ所なのかというと、

先ほども書いたように、

十干には干合というものがあります。


干合は十干が対になるので、

5カ所になります。


そして丙と戊は同じ方角なので、

4カ所となるのです。

終わりに

今日は恵方巻きを食べる方角の事を

紹介しました。


恵方の方角がこのように

決まっていたとは知りませんでした。


それに西暦の下一桁をみれば、

その年の恵方が

すぐに分かるのにも驚きました。


これを覚えておけば、

ネットで調べなくても、

その年の恵方を知る事ができますね。

スポンサードリンク