男の子が生まれた場合は、

5月には端午の節句があり、

五月人形や鯉のぼりの準備を

しなければいけません。


その時にふと

五月人形は誰が買うの?

と思いました。


そこで今日は端午の節句に飾る

五月人形は誰が買うの?


そして五月人形を飾る意味は?

について紹介します。

五月人形は誰が準備するの?

五月人形は誰が準備するのかというと、

それは地域で異なります。


私が住んでいる地域(九州)では、

男の子の場合は父方が、

そして女の子の場合は母方が

それぞれの節句の準備をします。


女の子の場合は雛人形を

母方が準備しますし、

男の子の場合は父方が五月人形を準備します。


でも、日本全国的には

母方が準備する地域が多いようです。


なので五月人形を準備する場合は、

地域の事に詳しい方に

相談すると良いと思います。


最近は話し合いで決める事も多くなったので、

父方母方双方で良く話し合って

決めると良いのではないでしょうか?


みんなにとって大切なお子さんなので、

揉める事のないように

みんなでお祝したいものですね。

五月人形を飾る意味は?

五月人形はお子さんの健やかな成長を

祈るために飾ります。


五月人形にはお子さんに降り掛かる厄を

代わりに引き受ける意味もあります。


男の子は女の子に比べ、

小さい頃は病気に弱いので、

健康に育ちますようにと

願いを込め五月人形を飾るのです。

五月人形の由来は?

五月人形の由来は、

江戸時代までさかのぼります。


江戸時代の武家は家を継いで行くために

男の子が重宝されました。


そのため男の子が生まれると、

鎧兜を新調していました。


そして鎧兜を飾っていたのが、

今に伝わっているのです。


鎧兜は元々身を守るものでしたので、

子供の身を病気や事故などから

守ってくれるようにと

願いを込めて飾るようになったのです。

終わりに

今日は五月人形は誰が買うの?

五月人形を飾る意味と由来を紹介しました。


私は五月人形は父方が

買うものばかりだと思っていました。


でも、調べてみると

全国的には母方が

準備する地域が多いようです。


やはりこういうものには

地域性がかなり濃くでるので、

地域の習慣を調べる必要があるようです。


でも、最近は昔のように

しきたりも厳しくないので、

双方の話し合いで決めれば良いと思います。


本質は子供の成長を願うものですので、

揉める事のないようにしたいものですね。

スポンサードリンク