もうすぐ敬老の日ですね。

今年2017年の敬老の日は、

9月18日(月)です。


敬老の日はほとんどの方が知っていると思います。

でも、老人の日っていうのがある事を知っていますか?

え、老人の日?

そんな日があるの?

と思いますよね。


実は私も老人の日は知りませんでした。

で、知らないものは調べないと気が済まない性格なので、

老人の日について調べてみました。


そこで今日は敬老の日と老人の日との違いと、

敬老の日の由来を紹介します。

敬老の日と老人の日の違いとは?

そもそも老人の日とは何なのでしょうか?

実は老人の日は敬老の日が9月15日から、

ハッピーマンデー制度により、

9月の第3月曜日に変わったことにより、

それまでの9月15日が老人の日となったのです。

ポイント

ハッピーマンデー制度とは

ハッピーマンデー制度とは、

日本の祝日を特定の日から月曜日に移動させる法案の事です。

祝日を月曜日に移動させることで、

土曜日、日曜日、月曜日の3連休を作り出す事を目的としています。



これは敬老の日が9月15日から、

9月の第3月曜日に移動することに

なじめない老人団体の意見を反映したものです。

実は敬老の日よりも老人の日のほうが早かった!?

老人の日が決まった理由を紹介しましたが、

実は敬老の日よりも老人の日の方が、

早かったって事実知ってしましたか?


実は老人の日は敬老の日と呼ばれる前の、

敬老の日の呼び方だったんです。

以前は敬老の日ではなく、

老人の日と呼ばれていたのです。


え、以前は敬老の日じゃなく、

老人の日と呼ばれていたの?

と不思議に思ってきましたよね。

そこで次は敬老の日の由来を紹介します。

敬老の日の由来とは?

敬老の日の由来となったのは、

1947年に兵庫県の小さな村の村長さんが、

年寄りの意見を幅広く聞こうという目的で、

としよりの日として

老人の会を開いたのが始まりです。


これがのちに兵庫県全体に広がり、

やがって全国に広がります。

そしてこの日を祝日にしようという運動が起こり、

敬老の日として祝日になります。


この間に呼び方も、としよりの日から老人の日に変わり、

そして敬老の日と変わっていきました。

敬老の日はなぜ9月15日だったの?

敬老の日が9月15日だったのは色んな説があります。

一つは聖徳太子が身寄りのない年寄りを集めた、

今で言う老人ホームを作ったのが

9月15日だったからという説。


一つはただ単純に農閑期で

暇だったからという説もあります。

敬老の日はいくつからお祝するの?

気になるところは敬老の日はいくつからお祝するの?

という事です。

私は50歳ですが孫がいます。


という事は孫から見ればおじいちゃんです。

でも、端からおじいちゃんと言われると、

凄く違和感があります。


高齢者の定義を調べてみると、

以前は65歳からを高齢者と定義していましたが、

2017年に75歳に引き上げられています。


敬老の日は高齢者を敬う行事なので、

75歳からが敬老の日のお祝をする

ということになると思います。

終わりに

ふと目に留まった老人の日。

何の事かなと調べて行くと、

敬老の日の以前の呼び方の事でした。


敬老の日がハッピーマンデー制度で、

9月の第3月曜日に移動してからは、

9月15日が老人の日となっています。


そして高齢者の定義も

65歳から75歳に変わっています。

そう言えば昔に比べると、

元気なお年寄りも増えていますしね。

高齢者の定義が変わるのも納得です。


もうすぐ敬老の日。

今年は敬老の日の由来を知った上で、

お祝をしてあげましょう。


敬老の日の由来を知ると、

あなたの気持ちも伝わりやすくなるかもですよ。

スポンサードリンク