2月に入るとすぐに節分があります。

私が子供の頃は、

節分といえば豆まきだけでした。


でも、最近は恵方巻きを

節分に食べるという習慣が

だんだんと定着してきました。


九州では節分に恵方巻きを

食べる習慣なんてありませんでした。


それがいつの頃からか始まり、

今ではすっかり定着しています。


こうもキレイに定着してしまうと、

恵方巻きの由来ってなんなの?

とか、

恵方巻きが全国に広がった理由は?

など気になってしまいます。


そこで今日は恵方巻きの由来と

恵方巻きが全国に広がった理由を紹介します。

節分に恵方巻きを食べる由来は?

節分に恵方巻きを

食べるようになった由来は、

色んな説があります。


中でも有名なものが大阪の花街で

お客さんと芸子さんたちが

節分の日にお祝として

食べていたというものです。




大阪の花街なので

お客さんは商人の方が多かったので、

商売繁盛も祈っていたようです。


その後、節分に恵方巻きを食べる習慣は

廃れて行きますが、

第二次大戦後に大阪の海苔組合が

色んなイベントを行うようになって、

関西で広まって行くのです。


このような経緯があって、

節分に恵方巻きを食べる習慣は、

大阪を中心とした関西で

行われるようになったのです。

恵方巻きが全国に広がった理由は?

節分に恵方巻きを食べる習慣があるのは、

関西だけでした。


それがどうやって

日本全国に広がったのでしょうか?

気になりますよね。


調べてみると、

どうやら大手コンビニが

関係しているようです。


恵方巻きを最初に売り始めたコンビニは、

ファミリーマートでした。


ファミリーマートは1983年に

大阪と兵庫のお店で販売しています。


節分の恵方巻きを全国に広げたのは、

ファミリーマート?

ではなく

恵方巻きを全国に広げたのは、

セブンイレブンです。


セブンイレブンは1989年に

広島のお店で恵方巻きを売り出しています。


そしてその後1995年に

関西以西の地域で販売し、

1998年に日本全国で販売するようになりました。


これで日本全国に

節分には恵方巻き!

というコマーシャルが

大量に流れるようになり、

定着していったのです。


多分、九州でも今の若い人に聞くと、

節分の恵方巻きは昔からあったと

答えると思います。


そのくらい節分の恵方巻きは

九州でも定着しています。

恵方巻きとは?

恵方巻きとは節分の日に吉方をむいて

食べる太巻きの事を言います。


恵方巻きを包丁で切らないのは、

福が切れないようにという思いからです。


そして恵方巻きは七福神にあやかり、

中の具材は7種類が良いとされています。


恵方巻きを食べる時にはルールがあり、

恵方(吉方)をむいて願い事をしながら

無言で一気に食べます。


こうすることで

縁起が良いとされています。

終わりに

今日は私が子供の頃には、

九州では全くなかった習慣の

節分に恵方巻きを食べる由来と、

恵方巻きが日本全国に

広がった理由を紹介しました。


やはりこういった

ある地域の風習が日本全国に広がるには、

コンビニやスーパーなどが

関係していましたね。


最近定着してきた

ハロウィンもそうですよね。


やはり何かのイベントがあると、

売り上げも上がりますからね。


何かコントロールされている気もしますが、

せっかく定着したので、

今年も節分には恵方巻きを

食べようと思います。

スポンサードリンク