2月3日は節分ですね。

今年2018年は土曜日で

そして大安です。


今年の節分は土曜日なので、

家族で節分の豆まきをする事ができますね。


でも、

そもそも節分ってなに?

とか

なぜ節分に豆をまくの?

年の数だけ豆を食べる理由は?


と聞かれて答えられる人は

そう多くないと思います。


そこで今日は節分の由来と、

節分に豆をまく理由などを紹介します。

節分の由来は?

それではまずは節分の由来から

見て行きましょう。


節分とはそもそも

季節を分ける時期の事を言います。


季節を分けるとは、

季節の変わり目ということです。


季節の変わり目と言えば、

冬から春になる立春

春から夏になる立夏

夏から秋になる立秋

そして秋から冬になる立冬があります。


以前はこれら季節の変わり目の

前日を節分と呼んでいました。

昔は節分は年に4回あったのです。


立春は冬から春になる他に、

一年の始まりの時でもありました。


一年の始まりなので、

他の季節の変わり目よりも

重要視されていました。


そのため立春の前の日だけが

節分と広く言われるようになったのです。


厳密に言えば、

立夏、立秋、立冬の前日も節分なのです。

なぜ節分には豆をまくの?

節分に豆をまくルーツは、

平安時代の宮中の追儺(ついな)という

行事だとされています。


追儺とは陰陽師が一年の厄や

災いを払う行事の事です。


これが室町時代には

民間でも行われるようになり、

定着したと言われています。


昔は季節の変わり目には、

邪気が発生すると考えられていました。


この邪気を払うために

豆をまいたとも言われています。


有名な話しでは、

京都の鞍馬山に鬼が出た時に、

煎った豆を鬼の目に投げつけ、

退治した故事があります。


その故事にちなみ、

魔目に豆を投げつけ

魔を滅するということで、

災いを払い、

一年間健康で過ごせますように!

という願いを込める意味もあるようです。

年の数だけ豆を食べる理由は?

節分の豆まきをやった後に、

年の数だけ豆を食べなさい!

って言われた事はないですか?


子供の頃は言われるままに

豆を食べていました。


それではなぜ年の数だけ

豆を食べるのでしょうか?


豆まきに使う豆は福豆と言われ、

福豆を食べると、

健康に良いとされています。


年の数だけ豆を食べる理由は、

年の数だけ福を

体に取り入れる意味があるそうです。


今は年齢は満年齢で数えますが、

昔は数え年で数えていました。


数え年とは

満年齢に1歳足した年齢になります。


昔の人は本当の年よりも

1つ多く食べる事で、

今年も一年健康で過ごせますように!

と願いを込めていたようです。

終わりに

今までは節分だからと

何も知らずに豆をまき、

年の数だけ豆を食べていました。


でも、節分の由来を調べてみると、

こんな事があったんですね。


それに豆をまく意味や

年の数だけ豆を食べる理由も分かりました。


節分にはこんな深い意味が

あったんですね。

スポンサードリンク