今日はクリスマス。

クリスマスが過ぎれば、

後はお正月を待つばかりです。


クリスマスの余韻を引きずりながらも、

お正月の準備もしなければいけません。


お正月の準備と言えば、

お正月飾りですよね。


お正月飾りは門松やしめ縄、

鏡餅などの事を言います。


お正月飾りはいつからいつまで飾るの?

と思ったことはないですか?


そこで今日はお正月飾りを飾る期間と、

お正月飾りの意味、

そしてお正月飾りの処分方法を紹介します。

お正月飾りはいつから飾るの?

お正月飾りを飾り始める時期は、

昔は正月事始めの日とされた、

12月13日ごろから飾られていました。


でも、今は日本全国に、

クリスマスが定着しています。

このようなクリスマス飾りと同時に、

お正月飾りを飾るのも変なので、

今はクリスマスが終った、

12月26日から飾るのが一般的になっています。

お正月飾りを飾ったらいけない日は?

お正月飾りは12月26日から飾りますが、

お正月飾りを飾ったらいけない日

という日があります。


それは12月29日と12月31日です。

12月29日は数字の9が苦に通じるので、

縁起の悪い日とされ、

12月31日は一夜飾りと言われるので、

ともにお正月飾りを

飾ったらいけない日とされています。


私が住んでいる地域では

12月29日は餅をつくのも

ダメな日とされています。

苦餅と言われ縁起が悪いそうです。

お正月飾りはいつまで飾るの?

通常お正月飾りは、

松の内と呼ばれる期間に飾っておくものです。


松の内とはお正月飾り(門松)を

飾っておく期間の事を言います。


松を飾っておくので、

松の内と呼ばれています。


昔はこの松の内は1月15日だったのですが、

今は1月7日までを松の内とされています。


これは地方により異なり、

関西では今でも1月15日までを

松の内としているところもあるようです。


一般的にお正月飾りを飾るのは、

松の内の1月7日までが多いようです。

お正月飾りの意味は?

お正月飾りの門松やしめ縄、

鏡餅はそれぞれの意味があります。

お正月飾りの門松の意味は?

お正月飾りの門松の意味は、

歳神様が家を探すときの目印だとされています。


門松に使われる松は1年中緑なので、

枯れない神が宿る木とされています。


竹はすぐに大きくなる事から

生命の象徴とされています。


そして梅は寒い冬に花を咲かせる事から、

長寿の象徴とされ、

縁起が良いものとされています。


これらのものを組み合わせる事によって、

門松にはこのような意味が込められています。

お正月飾りのしめ縄の意味は?

お正月飾りのしめ縄の意味は、

神様のために

お清めを済ませた場所を現すためのものです。


そして玄関に飾る事で、

災いが家に入る事を防ぐ意味もあるようです。

お正月飾りの鏡餅の意味は?

鏡餅は神様へのお供え物とされています。


神様が食べるものなので、

家の中でも1番場所が良いとされる

床の間などに飾ります。


鏡餅は他にも神様の宿るとされている

台所などにも飾ります。

これは地域により異なるようです。

お正月飾りの処分方法は?

松の内を過ぎて取り込んだお正月飾りは、

小正月の1月15日に行われる、

どんど焼きで処分するようにします。


どんど焼きとはお正月飾りを集めて、

燃やす行事の事です。


どんど焼きは地方で呼び方が変わります。

ちなみに私が住んでいる地域では、

どんどやと呼びます。


どんどやでお正月飾りを燃やしながら、

お餅を焼いたりして食べます。

子供の頃は楽しみでしたね。

どんど焼きに行けないときの処分法は?

近くでどんど焼きがなかったり、

どうしても行けない場合は、

近くの神社などに持っていて

処分してもらいましょう。


たまにゴミで処分する人もいるようですが、

お正月に飾ったものですし、

神様の宿るものなので、

ゴミには出さない方が良いと思います。

終わりに

今日はお正月飾りを

いつからいつまで飾るの?

そしてお正月飾りの意味と

処分法を紹介しました。


お正月飾りは12月26日から飾り始め、

翌年の1月7日まで飾るのが一般的なようです。


そしてお正月飾りは、

飾っては行けない日もありますので、

その日を外して飾るようにしましょう。


そして終ったら1月15日に行われる

どんど焼きで処分すると良いと思います。


これからお正月を迎えますので、

お正月飾りを用意して、

新しい年を迎えたいと思います。

スポンサードリンク