もうすぐ夏休みになりますね。

夏休みといえば子供達にとっては、

待ちに待った長いお休み。




あなたも夏休みなので、

子供達とどこかに家族旅行にいこうと

考えていることでしょう。

でも、夏休みは楽しい事ばかりではありません。

自由研究や読書感想文などの宿題もてんこ盛りです。

特に子供に良く聞かれる事が読書感想文です。


『ねえ〜、お父さん、読書感想文ってどう書けばいいの?』

小学生のお子さんにこう聞かれた時に、

あなたは読書感想文の書き方を教えてあげる事はできますか?


『知らない!』

とか

『分からない!』

なんて事は親として言いたくありませんよね。


そこで今日は私が実際に子供達が小さい頃に、

やっていた読書感想文の書き方を紹介します。


これで『知らない!』

とか

『分からない!』

などと言わずに読書感想文の書き方を教える事ができますよ。

子供に本を選んでもらう

まずは読書感想文の本を選ぶ事から始めます。

読書感想文の本を選ぶときは、

必ず子供に選んでもらうようにします。


ここを間違ってあなたが選んだ本を押し付けないようにしましょう。

押し付けられると誰だって嫌なものです。


それに押し付けられた本は、

興味がないので読書感想文をスムーズに書く事はできません。

子供が自発的に選ぶまで待ちましょう。


そして子供が読書感想文の本を選んだら、

なぜその本を選んだのか聞いて下さい。

そしてその理由をメモしておくようにします。


これは後で読書感想文を書く時に必要になりますので、

忘れないようにメモするようにしましょう。

子供が本を読んだ感想を聞き出そう!!

本を選んだら子供が本を読み終わるのを待ちます。




子供が本を読むスピードが遅くても、

絶対に急かさないようにしましょう。

急かされると本を読んだ感想が浅くなってしまいます。


子供が本を読み終わったら、

読んだ本の感想を聞いて下さい。


どんなところが面白かったのか?

どんなところがためになったのか?

どんなところに感心したのか?

その本を読んでどんな事を感じたのか?


などを聞き取り、

それをメモしておきます。

子供に読書感想文を書かせる

子供に聞き取りが終ったら、

まずは子供に読書感想文を書いてもらいます。




すると、あらすじばかりの感想文を書いてくるか、

または、全く書く事が思い浮かばず、

数時間原稿用紙とにらめっこしているかもしれません。


ここであなたの出番です。

読書感想文には特に形式というものはありません。

起承転結で書くと良いとかありますが、

一番は子供の感情をダイレクトに書く事です。


ここで先ほど子供に聞き取りしたメモを使います。

子供にその本を何故選んだの?

ともう一度確認します。


ここで先ほどと同じ事を言えば、

その事を読書感想文に書く事を伝えます。

分からないと言ったら、

先ほどメモした事を伝えます。

君はこんな理由からその本を選んだんだよと。


そしてその選んだ理由を読書感想文に書かせます。

後は読んだあとの感想も同じ要領で聞き出し、

答えない場合はメモした内容を教え、

答えた場合はその内容を読書感想分に書かせます。


そして最後にその本を読んでどう感じたのか?

を書くと読書感想文は完成です。

あとは書いた読書感想文を読み返しさせ、

おかしなところは修正させるようにしましょう。

終わりに

子供は読書感想文をどう書けば良いのかが分かりません。

書き方を知らないので、

あらすじだけだったり、

原稿用紙と何時間もにらめっこしたりするのです。


そこで、あなたが聞き取ったことをアドバイスしてあげるのです。

どうしてその本を選んだの?

とか、

どんなところが面白かった?

などの書くきっかけを与えるだけで、

子供は読書感想文を書く事ができます。


読書感想文は一度書き方のコツさえ掴めば、

悩むことはありません。

スラスラと書けるようになります。


あなたは自分から教えないようにして下さい。

あくまでもきっかけを与えるだけの

サポート役に徹するようにします。


そうしないと子供はいつまでも頼ってきますので、

あくまでもサポートだと言う事を忘れないようにしましょう。


読書感想文の書き方を聞かれるのも、

低学年の間だけです。


子供もこの方法を自分でマスターしていくので、

高学年になるほど聞かれなくなります。


聞かれるときは面倒でも、

聞かれなくなると寂しいので、

聞かれたときはしっかりと教えるようにしましょう。

スポンサードリンク