この季節になると

子供達の引越しをやったことを思い出します。


昨日は、引越しの手続きについて紹介しました。

引っ越す場合は色んな手続きがありますからね。

ちゃんと滞りなく手続きを済ませる必要があります。


引越しの手続きをまだ読んでいない方は、

下のリンクから読む事が出来ますよ。

引越しの手続きは?実家から引っ越す場合はどんな手続きが必要なの?


昨日は引越しの手続きだったので、

今日は引越しの手順について紹介します。


今日紹介する手順は、

私が実際に子供達の引越しをした時に

経験したことです。

実家から引越しする場合の手順は?

それでは実家から引っ越す場合の

手順をおおまかにみてみましょう。

  1. アパートの契約をする
  2. 引越しの日程を決める
  3. 家具・家電・身の回り品の用意をする
  4. 実家から送るものを梱包する
  5. 宅急便か引越し業者に依頼する
  6. 各種手続きを行う
  7. 引越し先でやる事

おおまかにこの手順で引越しを行います。

それではそれぞれの手順を見てみましょう。

アパートの契約をする

これは先日の手続きのところでも書きましたが、

アパートを契約しなければ始まらないので、

まずはアパートを契約します。


部屋の探し方は

下のリンクから読む事が出来ますよ。

部屋探しのコツとお得な時期は?娘の部屋探しでやった事とは?

引越しの日程を決める

無事に部屋が見つかり

契約が済んだら次は引越しの日程を決めます。


引越しの日程を決める場合は、

時間に余裕をもって決めるようにしましょう。


私が子供達の引越しの時に

決めた日程はこんな感じでした。

  1. 引越しをする日
  2. 引越しをする日から逆算して家電・家具身の回り品の購入
  3. 引越し業者の手配
  4. 電気・水道・ガスの契約
  5. NHK・ネット環境の手配
  6. 郵便局の手続き
  7. 役所での手続き

○○月○○日に何をすると決めておく事で

引越しをスムーズに進める事ができます。

家具・家電・身の回り品を用意する

家具・家電・身の回り品は

新規で購入するもの、

今使っているものを持って行くものと

分けて準備するようにします。


家電や家具を新規で購入する場合は、

引越し先にもあるお店で買うと、

配送してくれるので便利です。


私も娘の時は、

九州のお店で購入し

関西のお店から配送して貰いました。


こうすると宅配便や引越し業者を使わないので、

かなりお得に引っ越すことができます。


ただ3月は集中するので

早めに買わないと良いものはなくなりますよ。

実家から送るものを梱包する

実家で使っていたものを送る場合は、

時間があるときに梱包しておきます。

宅配便か引越し業者に依頼する

実家で使っているものを送る場合、

荷物の量が少なければ宅配業者に依頼します。


荷物の量がある程度多い場合は、

引越し業者に依頼することになります。


引越し業者に依頼する場合は、

様々な業者さんがいますので、

複数の業者さんから

見積もりをとることをお勧めします。


こうすることで引越し料金を

お得にする事ができます。


今はこういうサイトで

一括で見積もりをとる事ができます。


ちなみにうちの娘が2回目に引越ししたときは、

このサイトで見積もりを取り、

引越しを依頼しました。


このサイトは使った人のレビューもあるので

良い評価の業者さんはすぐに見つかります。

各種手続きを行う

電気やガス、水道は部屋の契約が済めば、

手続き出来るので

時間に余裕を持って手続きするようにしましょう。


ガスと水道は開栓の時に立ち会いが必要なので、

引越しする日を決めてから

立ち会い日を予約するようにしましょう。


予約をしていない場合は、

例え隣に来ていてもしてくれないので

必ず予約するようにしましょう。


役所での転出届けは

引越しする前日に行えば良いでしょう。

引越し先で行う事

引越し先で最初に行う事は掃除です。

部屋はキレイに掃除されていますが、

一応掃除することをお勧めします。


次にガスや水道の開栓に立ち会います。

電気はほとんどの場合、

ブレーカーをONにするだけで

使えるようになります。


そして手配してあった

家電や家具の受け入れをします。


このとき注意する事が

冷蔵庫や洗濯機などの重い家電です。


後で動かすのは大変なので、

あらかじめ置く場所を決めておいて、

配送業者の方においてもらうようにしましょう。


そしてある程度落ち着いたら、

隣近所の方に挨拶に行きます。


うちの娘が関西に引っ越した時に挨拶に行ったのは、

両隣と上の階と下の階の部屋の方、

そして大家さんでした。


これは地域によって違いがあるので、

その地域にあった挨拶をするようにしましょう。

この時はちょっとしたお菓子を買っていきました。


そして役所に行って

転入届けの手続きを行います。


転入届は期間が決まっているので、

早めに行うようにしましょう。


あとは時間のある時に

NHKと郵便の手続きを行います。

終わりに

今日は3人の子供の引越しをした経験から

引越しの手順を紹介しました。


部屋を契約したら

電気などは手続き出来るようになるので、

早めに手続きを始めておくと、

時間の余裕ができます。


実家から初めて引っ越す場合は、

家電や家具を引越し先にあるお店で買うと、

配送までしてくれるので、

お得に引っ越す事ができます。


ある程度まとまった数を買うので、

値引きもありますからね。


引越しをスムーズに済ませるためには、

やはりきちんとした手順を決めることです。


手順さえきっちりと決めておけば

引越しもスムーズに進みますので、

今日紹介した手順を参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク