もうすぐ11月という事もあり、

朝晩がかなり冷え込むようになりました。


寒くなってくると、

観葉植物の管理にも、

気を使わなければいけなくなります。


春や夏はそんなに気を使わなくても、

滅多な事では枯れる事はありませんでした。


でも、これから寒くなってくると、

観葉植物の管理を間違えると、

せっかく育ててきた観葉植物が、

枯れてしまう事になります。


観葉植物が冬に枯れないためにも、

今の時期から冬越しの準備をやっておく必要があります。

そこで今日は、観葉植物の冬越しの準備として、

やっておく3つの事を紹介します。

1、観葉植物の置き場所

観葉植物の多くは、

熱帯地方が原産の植物です。


そのため、日本の冬はかなり厳しい環境になります。

その厳しい環境でも冬越しが出来るように、

今から準備しておかなければいけないのです。


ベランダなどの屋外に出しておいた観葉植物は、

気温が下がってきたら、

室内に取り込むようにしましょう。


気温15度を目安いに

室内に入れるようにします。


そして窓際が寒いようであれば、

温度変化の少ない

部屋の中央に置くようにしましょう。


観葉植物を置く場所で温度は変化しますので、

できるだけ暖かい場所に置くようにしましょう。

2、できるだけ太陽の光りに当てておく

冬になってくると、

観葉植物が太陽の光りにあたる機会が、

ぐ〜んと減ってきます。


みなさんご存知の通り、

植物は太陽の光りで光合成を行います。


そのため、観葉植物にとって、

太陽の光りは重要になってきます。


そして観葉植物は冬は休眠状態になりますので、

今の時期に良く太陽の光りに当てておき、

丈夫に育てる事で、

日本の冬を越せる体力を付ける事ができます。


あまりにも太陽の光りが強いときは、

レースのカーテンなどで遮光して下さい。

強すぎると葉焼けを起こす可能性もあります。


品種によっては、

直射日光がダメな観葉植物もありますので、

太陽の光りに当てる前に確認して下さい。

3、水やり

夏場は土が乾くと、

たっぷりと水を与えていました。


でも、観葉植物は冬は休眠状態に入り、

水をあまり必要としません。


冬に観葉植物が枯れてしまう原因の多くは、

水のやり過ぎによるものです。


観葉植物が水を必要としない状態なのに、

水を与えてしまうので、

鉢の中が常に湿った状態になり、

根腐れで枯れてしまうのです。


そうならないためにも、

冬場は観葉植物は乾かし気味に育てます。


いきなり乾かし気味にすると、

枯れるリスクがありますので、

今の時期から少しずつ水やりを減らし、

慣らしていくようにします。


水やりを減らすのは回数ではなく、

1回にあげる量を減らします。


表土が湿る程度与えるようにします。

私の場合は夏場の1/3程度に減らしています。

これで育てている観葉植物は、

毎年冬越ししていますよ。


このパキラは育て始めて10年以上も経っています。

かなり大きくなりました。

終わりに

観葉植物にとって、

日本の冬はかなり厳しい環境になります。


その厳しい環境でも冬越しできるように、

今の時期から準備をしておく必要があります。


観葉植物を置く場所も屋外から室内に移し、

窓際が寒くなってきたら、

部屋の中央よりに変えたりする事で、

気温の急激な変化を減らす事ができます。


水やりも今の時期から少しずつ減らし、

水が少ない状態に慣らす事で、

冬場に乾かし気味に育てられるようになります。


一気にやってしまうと観葉植物が枯れてしまうので、

今の時期からすこしずつ準備するようにしましょう。

スポンサードリンク