今日、庭に出てみると甘い香りが漂っています。

金木犀の香りです。

金木犀の香りは強く、かなり遠くまで香ります。


そのため、この季節になると、

金木犀の花の香りがあたりから漂ってきます。


私はこの金木犀の香りが好きで、

庭には2本の金木犀が植えてあります。

そのため庭には金木犀の香りが充満しています。




金木犀の香りには様々な効果があるとされています。

そこで今日は金木犀の花の香りに

秘められた3つの効果を紹介します。

金木犀の香りに秘められたリラックス効果

金木犀はあまい香りがします。

金木犀のこの香りを嗅いでいると、

段々と心が落ち着きリラックスしていきます。


これは金木犀の香りが脳に伝わり、

自律神経に作用することで起こります。


そう言えば子供の頃に、

金木犀の香りがするボールペンがありました。


この金木犀の香りがするボールペンの匂いを嗅ぐと、

テストの時にも落ち着く事ができました。


子供の頃は気がつきませんでしたが、

金木犀の香りのリラックス効果のおかげだったんですね。

金木犀の香りに秘められたアンチエイジング効果

人の体は活性酸素が増えると、

老化が早くなると言われています。


金木犀の香りには、

この活性酸素を抑制する効果があると言われています。


これは研究結果もでているので、

効果が期待出来そうですね。


それに金木犀の香りを嗅ぐだけで、

アンチエイジング出来るなんて手軽で良いですね。

金木犀の香りに秘められたダイエット効果

人はお腹が減ると血中の糖分が減り、

その糖分を補うために、

脳内でオレキシンという物質が分泌されます。

ポイント

オレキシンとは?

オレキシンとは神経伝達物質の一つです。

orexisという食欲を意味する、

ギリシャ語から名付けられました。



そのため、オレキシンが分泌されると、

食欲が増進され何か食べたくなります。


金木犀の香りは、

このオレキシンの分泌を抑える効果があります。


そのため金木犀の香りを嗅ぐと、

ダイエット効果があると言われているのです。

金木犀の香りはどんな成分なの?

金木犀の香りは、β-イオノン、リナロール、

γ-デカラクトン、リナロールオキシド、

cis-3-ヘキセノールなどの成分で構成されています。


中でもγ-デカラクトンは甘い香りの成分です。

そしてこのγ-デカラクトンは虫が嫌がるので、

防虫効果も期待出来るのです。

終わりに

この時期になると辺り一面が金木犀の香りで一杯になります。

金木犀の香りを嗅ぐと、

イライラとした気持ちも段々と落ち着いていきます。


金木犀の香りにはリラックス効果があるので、

このような気分になるのです。


他にもアンチエイジングや

ダイエットにも効果があるようです。


以前から感じていましたが、

香りには凄い効果があるようですね。


香りを上手に使って、

人生を楽しく過ごして行きたいですね。

スポンサードリンク