やっと暑かった夏も終わりを迎えようとしていますね。

気温もだんだん下がってきて、

だいぶ過ごしやすくなってきました。


気温が下がってくると、

少しずつ症状が出始めるものがあります。

それは足冷えです。

足冷えってほんとうにかかった人じゃないと、

その辛さは分かりません。


そこで今日は足冷えの対策として、

冷えた足を体の中から温める食事を紹介します。

冷えた足を温めるには生姜が一番!

やはり体を温めるには生姜が一番です。

生姜にはショウガオールという、

体を温めてくれる成分が入っています。


このショウガオールには

血行を良くしてくれる作用もあります。

足冷えの最大の原因は下半身の血行不良にあります。


生姜を摂る事で体が温まり、

血流も改善するので足冷え対策には、

生姜は欠かせません。

足冷え対策には生姜紅茶!

そんな生姜を簡単に摂る方法が

紅茶の中に生姜を入れて飲む方法です。




紅茶に擂り下ろした生姜を入れるだけで、

簡単に生姜をとることができます。


作り方は簡単で、

紅茶1杯に対して擂り下ろした生姜10gを入れます。


擂り下ろした生姜をそのまま入れても良いのですが、

生姜の繊維が気になるという方は、

キッチンペーパーなどで漉して下さい。


生の生姜がない場合は、

チューブ式の生姜でも構いません。


その場合は紅茶1杯に付き

2cm程度入れればいいでしょう。

ここら辺は好みで調整して下さいね。

砂糖はお好みで入れて下さい。

足冷え対策の食事には豚の生姜焼き!

生姜を使った料理の定番と言えば、

豚の生姜焼きです。


豚の生姜焼きには生姜はもちろん、

豚肉やタマネギが使われています。


豚肉にはビタミンが豊富に含まれ、

そしてタマネギには体を温めてくれる効果があります。

足冷え対策の食事には豚汁!

これから気温が下がってくると、

豚汁が美味しい季節になってきます。


豚汁には豚肉の他にも根菜類が多く使われています。

根菜類のごぼうや人参は

体を温めてくれる効果があります。


それに味噌には体を温めてくれる効果もあるので、

冷えた体を中から温めるには最適な食事なのです。

足冷え対策の食事にはきんぴらごぼう!

根菜類のごぼうや人参には

体を温めてくれる効果があります。


それにきんぴらごぼうには、

鷹の爪(唐辛子)を使います。


唐辛子にはカプサイシンが含まれており、

冷えた体を中から温めてくれます。

終わりに

今日は足冷えの対策として、

体の中から温める食事を紹介しました。


冷え性を改善する定番の生姜は、

紅茶に入れる事で簡単に摂る事ができます。


その他にも豚の生姜焼きは、

割と簡単に作れるのでお勧めな食事です。


これから気温が下がってくると、

足冷えの症状も出て来るようになります。


足冷えの症状が出てくると辛いので、

今日紹介した食事で

足冷えの対策をするようにしましょう。

スポンサードリンク