夏の野菜の定番といえばきゅうりですね。

きゅうりはサラダなどでも使われなじみ深い夏野菜です。

きゅうりは浅漬けなどの漬け物にも多く利用されます。


きゅうりの漬け物って美味しいですよね。

そこで今日は夏にもピッタリな、

ピリッと美味しいきゅうりのからし漬けを紹介します。


キュウリのからし漬けは作り方も簡単で、

それに美味しいので、

ここで作り方をマスターして自分でも作って見て下さいね。

ピッリと美味しいきゅうりのからし漬けの分量

きゅうりのからし漬けに必要な調味料は、

からし、塩、砂糖の3点だけです。


それでは分量です。

  • きゅうり 500g(約3本分)
  • 砂糖 75g
  • 塩 25g
  • からし 10g


  • 調味料を計る場合は、

    計りの上にキッチンペーパーを敷いておくと、

    そのまま移し替える事ができるので便利です。


    この分量で計ってあらかじめ準備しておいて下さい。



    きゅうりの下処理

    まずはきゅうりを良く洗います。


    そしてピーラーでこのように皮をむきます。


    きゅうりを2つに割ります。

    きゅうりのタネの部分をスプーンを使って取り除きます。

    これはきゅうりのタネがあると、

    水っぽくなったり食感が悪くなったりするので、

    それを防ぐためです。


    次はこのように一口大にカットします。


    カットしたら袋に入れます。

    きゅうりと調味料を合わせる。

    袋に入れたきゅうりに調味料を合わせていきます。

    まずは砂糖を入れます。

    そして塩を入れます。


    最後にからしを入れます。

    調味料を入れる順番は決まっていませんので、

    お好みでどうぞ。

    きゅうりと調味料をよく混ぜる

    きゅうりと調味料を入れた袋の口を指でしめ、

    下からたたくように混ぜ合わせます。


    調味料がきゅうり全体に行き渡るように良く混ぜます。


    調味料がきゅうり全体に行き渡ったら、

    味が染み込みやすいように良くもみこみます。


    こんな感じになったらOKです。


    袋の中の空気を抜いて袋の口を縛ります。

    これを冷蔵庫で一晩おけば完成です。


    漬け上がったら流水で良く洗い流して下さい。

    洗い終わったら水気を絞り器に盛って完成です。

    終わりに

    市販の漬け物はおいしいのですが、

    保存料や着色料が多く使われています。

    その点、自分で作る漬け物って添加物を使わないので、

    安心して食べる事が出来ます。


    暑い夏は食欲が落ちてきますが、

    このきゅうりのからし漬けは、

    からしの辛みがピリッと効いて美味しいので、

    これからの季節にぴったりですよ。


    夏野菜のきゅうりはこれから美味しくなりますので、

    ぜひ一度作って見て下さいね。

    ピリッとした味が癖になりますよ。

    スポンサードリンク