最近はほとんどの車のキーが、

スマートキーになっています。


スマートキーはバッグなどから取り出さずに、

ドアの開閉やエンジンをかけられるので、

非常に便利です。


でも、スマートキーは電池で動くため、

電池切れを起こすと、

使えなくなります。


そこで今日はトヨタ車のスマートキーの

電池を交換する方法と必要な料金を紹介します。

スマートキーの電池交換方法トヨタ車の場合

トヨタ車のスマートキーは、

こんな感じになっています。


スマートキーの横を見ると、

このようにPUSHと書かれた部分があります。


このPUSHと書かれた部分を押すと、

いざという時に使う鍵が出てきます。


もしもスマートキーの電池が切れたら、

この鍵を使って

ドアを開ける事ができます。


今回はスマートキーの電池を交換するので、

鍵を引き出しておきます。


鍵を引き出したら、

その部分にこのような溝が現れます。


この溝に先ほど引き抜いた

鍵の先端を差し込み少しひねります。


するとスマートキーのカバーに

隙間ができますので、

そこに指を入れて開きます。


するとこのように

スマートキーのカバーを開ける事ができました。


電池がついているユニットを取り出します。

ユニットは固定されていないので、

簡単に取り外す事ができます。


電池を取り出し、

新しい電池と交換します。


ユニットを戻し、

スマートキーのカバーを合わせ、

パチっと音がするまではめ込むと、

スマートキーの電池交換の完了です。


引き出した非常用の鍵は

忘れないように元の様に

差し込んで下さい。


今回交換した電池はコレです。


私は近くのホームセンターで買いましたが、

100均に同じ型番の電池があれば、

100円で購入できますね。

スマートキーの電池交換の料金はいくらかかる?

今回紹介した方法で、

自分でスマートキーの電池を交換した場合は、

電池代だけで済みます。


私の場合、スマートキーの電池は、

近くのホームセンターで購入したので、

230円でした。


妻のスマートキーの電池が切れた時に、

自分で交換するのが面倒だったので、

トヨタに頼んだら、

1000円かかりました。


このとき、高いなと思ったので、

自分の車のスマートキーの電池は、

自分で交換しました。

スマートキーの電池を確認する方法は?

トヨタ車の場合(車種により異なる場合も)、

スマートキーの電池がある場合は、

ブレーキを踏むと、

このようにメーター内の鍵のアイコンが、

緑色に光ります。


スマートキーの電池残量が少なくなってくると、

このインジケーターがオレンジ色に変わりますので、

オレンジ色に変わったら、

スマートキーの電池交換の時期だと思って下さい。


オレンジ色になっても、

しばらくは使えるので電池だけ買って、

いつでも交換出来る状態にしておくと、

電池を最後まで使い切る事が出来ますよ。


ドライバーなどの工具も一切使わないので、

出先でも簡単に交換できます。

終わりに

今日はトヨタ車の

スマートキーの電池が切れた時の

電池を交換する方法を紹介しました。


私は妻のスマートキーの電池を交換する時は、

面倒だったのでトヨタに頼みました。

すると1000円請求されました。


ちょっと高いなと思ったので、

自分の車のスマートキーの電池は、

自分で変えてみました。


すると電池代だけで済むので、

230円で交換することができました。


スマートキーの電池交換は、

今日紹介した手順なので、

1分程度で交換する事ができます。


それにドライバーなどの工具も使いませんので、

女性の方にも簡単に交換できます。


スマートキーの電池は、

自分で交換した方が断然お得ですよ。

そんなに難しくもありませんからね。