毎日寒い日が続きますね。

こう寒い日が続くと

体にも辛いですよね。


人間にとっても辛い寒さですが、

実は観葉植物にとっては、

死活問題なのです。


観葉植物は熱帯地方原産のものが多く、

最低温度(観葉植物が枯れない温度)が

5度以上必要なものがほとんどです。




それに対して日本の冬は、

多くの地域で室温が

5度を下回る場合が出てきます。


こうなると観葉植物の葉は黄色くなり

だんだんと元気がなくなり

やがて枯れてしまいます。


こうならないためにも

観葉植物の寒さ対策が必要になるのです。


そこで今日は観葉植物の寒さ対策として、

冷気を遮断するカバーの作り方を紹介します。


家にある材料だけで作るので、

材料費も0円ですよ。

観葉植物の冷気遮断カバーに使う材料!

冷気遮断カバーを作る材料は、

ビールの空き箱を2つと、

新聞紙1日分です。


ビールの空き箱がない場合は、

同じ程度の大きさの

ダンボール箱でも構いません。


あとは材料を貼付ける時に使う、

ガムテープとはさみだけです。

それでは冷気遮断カバーを作って行きましょう。

観葉植物の寒さ対策として冷気遮断カバーを作ろう!

まずはビールの空き箱を

図のように開きます。


次に収納する場合の事を考え、

赤い線と青い線の部分を重ねるようにします。


重ねたらこんな感じ。


重ねた部分をガムテープで貼っていきます。


裏側も同じように貼ります。


次に長さを確認するために

一度観葉植物に合わせてみます。


すっぽりと覆えたので大丈夫のようです。


ただ高さが足りないので、

足りない部分は新聞紙を足します。

ここがポイント!!

観葉植物は上に行く程葉が広がっています。

そこに段ボールを足してしまうと、

隙間が空いたり、

逆に幅が足りない場合がでてきます。

そこで柔軟に対応できる

新聞紙にしておくことで

これらの問題を解消する事が出来ます。



次に新聞紙1日分を使います。

今回は1日分を2つに分け使っています。

なので新聞紙を3枚重ねて使うことになります。


ビールの空き箱の赤い線に合わせ、

新聞紙を貼っていきます。


こんな感じで新聞紙を合わせます。


ダンボールと同じ長さに新聞紙を合わせ、

ガムテープでところどころ貼っていきます。

貼ったら裏返します。


そして外側は冷気が入ってこないように、

ガムテープで全面を貼ります。


全面ガムテープで貼ったらこんな感じ。

これで観葉植物の寒さ対策の

冷気遮断カバーの完成です。

冷気遮断カバーを観葉植物に取付けよう!

それでは先ほど作った

観葉植物の寒さ対策の

冷気遮断カバーを

観葉植物に取付けてみましょう。


まずは先ほど作った

冷気遮断カバーの

下の部分を図のように折り、

観葉植物の鉢の沿わせます。


こうすると冷気遮断カバーが

自立しますので、

観葉植物に負担をかける事もありません。

この時出来るだけ小さくします。


そして観葉植物全体を覆うように

冷気遮断カバーを取付けます。


こんな感じですね。

あとは新聞紙を上で重ね、

5cm程度折り洗濯バサミで止めます。


これで冷気遮断カバーの

取り付けが完了です。


上は新聞紙なので融通が効くので、

観葉植物の形に合わせ

取付けて下さいね。

冷気遮断カバーの収納方法は?

冷気遮断カバーは収納出来るように

折り目を合わせ作っていますので、

コンパクトに折り畳む事ができます。


まずは上の図の様にたたみます。


そして新聞紙をダンボールの中に折り込みます。


あとはこのように家具などの隙間に

収納すれば場所もとりません。

終わりに

寒い時期には欠かせない

観葉植物の寒さ対策の

冷気遮断カバーの作り方を紹介しました。


今回は家にある材料だけで作ったので、

材料費も0円です。


ビールの空き箱はダンボールになっています。

ダンボールの断面は

ジャバラ状の紙が入っており、

空洞になっています。


この空洞に空気が入る事で、

冷気を遮断することが出来ます。


新聞紙も同じように

冷気を遮断する効果があります。


最初に書いたように、

観葉植物は寒さに弱いので、

室温が最低温度を下回る場合は、

冷気を遮断して、

観葉植物を寒さから守りましょう。


今日紹介したビールの空き箱で作る

冷気遮断カバーは、

5分もかからないで作れるので、

観葉植物をお持ちの方は、

作って見て下さいね。

スポンサードリンク